30代の大人ニキビ

ずっとニキビが治らなくて悩んでいた35歳・OLです。

 

30歳で転職したあたりから、ニキビが多発したんです。顔中にニキビが出来てましたが、とくにひどいのはおでこ!

 

ぶつぶつを通り越して、ボコボコになっちゃってました。痛いしかゆいし、見栄えも最悪。ニキビのためには前髪を下ろしてはいけない…と分かっていても、隠さずにはいられませんでした。

 

クレアラシルを塗ってみたり、オロナインパックをしてみたり、いろいろやってみたんですけど、一向に治る気配はなく…(´;ω;`)。

 

耐えきれず、皮膚科に行きました。先生にも「あらあら、ひどいわね〜」なんて言われながら処置をしてもらい、その時はニキビはひくんですが、ニキビ体質は治ってないので、数週間でまたニキビが出てくる…の繰り返しでした。

 

病院からは、ニキビの治療薬として抗生物質が出たんですが、それがまたいけなかった。。。

 

ニキビ菌を殺菌するための抗生物質なんですが、飲み続けてるうちになんと、産婦人科を受診する羽目に。。。

 

おりものがすごく増えまして。ちょっと黄色がかったカッテージチーズみたいなおりものが常時出るようになって、かゆみもある。

 

とにかくおりものの量が半端なかったので、恥ずかしかったですけど産婦人科で検査を受けたら「膣カンジダ」だと診断されました。

 

で、先生曰く、皮膚科で出されてるその抗生物質が原因だと。。。

 

もちろん、この抗生物質がすべての人にそういう副作用が出るわけではないですけど(体質やその時の体調にもよりますし)、私は飲むのを中止しました。

 

でも、ニキビ改善のためには体質改善が必須だと思ったので、30代の大人ニキビに効果のあるサプリメントを飲み始めたんです。

 

すると、段々にニキビができにくくなって、今では以前ニキビ肌だったのが懐かしいぐらいにつるつるの肌になったんです!

 

菌を殺すんじゃなくて、ニキビに強い体質・肌になるサプリなんで、体調の方も良くなってイイことづくめ♪

 

おすすめのサプリを紹介します。ニキビが治らなくて悩んでる方の参考になったら嬉しいです^^

【サン・クラルテ製薬】緑の知恵

肌環境を整える成分に加えて、腸内環境を整える乳酸菌が配合されている緑の知恵が、私のニキビに一番効果ありました!

 

ニキビというと、肌の状態ばかりに目がいっちゃいますが、実は、腸内環境ともつながりが深いそうです。

 

『毎日出てるから便秘じゃない』と思っても、実は腸内にたくさん便が残ってる『隠れ便秘』というのがあるそう。

 

私、実は思い当たるフシがあって…。

 

排便後、『何だかスッキリしない…』と思うことや、出てもうさぎのフンみたいにコロコロしたものだったりとか…。

 

最近、『腸内フローラ』がテレビの健康番組などでよく取り上げられていますよね。

 

腸の中の善玉菌が増えると、腸内の細菌がまるでお花畑(=フローラ)のように綺麗に見えるのでそう呼ばれるのですが、悪玉菌が増えると下痢便秘を引き起こし、ニキビの原因になることも多いんです。

 

『乳酸菌なら毎日ヨーグルト食べてるもん』という方も、ここに注目。

 

ヨーグルトは動物性乳酸菌で、動物性乳酸菌は、実は腸に届くまでに死んでしまうことの方が多いんですって。

 

 

緑の知恵に入ってる乳酸菌は玄米由来の植物性乳酸菌
もともと生きたまま腸に届きやすい植物性乳酸菌に合わせて、製薬会社ならではの技術でしっかり腸に届くから、効き目が確かなんです。

 

実際、このサプリを飲み始めてから数日後に、自分でもびっくりするくらいの便が出ました。『どこにこんな量が入ってたんだ!?』ってほど。

 

それからニキビがどんどん引いていったので、腸内環境とお肌の状態ってリンクしてるんだな〜と身をもって痛感しました。

 

⇒【サン・クラルテ製薬】緑の知恵

きらりのおめぐ実

 

ニキビが落ち着いてきた頃に、飲み始めたのがこのきらりのおめぐ実です。

 

ニキビケアができる成分に加えて、今、大注目の美容成分レスベラトロールが入っているので、飛びついちゃいました^^。

 

レスベラトロールは強い抗酸化力を持つポリフェノールの一種。

 

身体の中には細胞の老化を遅らせ、若さを保つ働きのあるサーチュイン遺伝子というのがあり、サーチュイン遺伝子が活性化すると老化防止になるんですが、この遺伝子、普段は眠っていて働いてないんだそう。。。

 

で、レスベラトロールの登場です。レスベラトロールにはサーチュイン遺伝子を活性化させる働きがあるんですって。アンチエイジングのために、積極的に取りたい成分ですよね。

 

ニキビができにくくなったのはもちろん、肌そのものがキレイに&強くなったと思います。

 

豊富に含まれる美容成分のおかげで、肌のターンオーバーが整ったのか、シミっぽくなってたニキビ跡も薄くなりましたよ^^

 

⇒きらりのおめぐ実

皮膚科でのニキビ治療〜私の場合〜

 

「ニキビぐらいで…」と思っていたのですが、顔中に出来たニキビがかゆくて耐えられず、
ついに皮膚科に行きました。

 

まず、スチーマーを5分ぐらい顔にあてたあと、仰向けに寝た状態で、先生がアクネプッシャー ( 面皰圧出器 )でニキビの芯(?)をひとつひとつ丁寧に取っていきました。

 

顔中にニキビが出てたので結構な時間をかけてとったあと、医療用絆創膏(テープみたいなやつ)を小さくカットしたものを処置した場所1箇所ごとに貼って、処置は終了。

 

スチーマーをしっかりあてたからか、処置中痛みはなかったです。

 

(顔中テープだらけになるので、皮膚科に行くタイミングは考えたほうがいいかと)。

 

絆創膏自体は数時間後には取れますが、ニキビ跡の腫れは2日ぐらい続きました。メイクは避けて、日焼け止めだけ。

 

もう、耐えられないぐらいニキビができたときは、迷わず皮膚科に行ったほうがいいと思います。

 

ニキビを取っても、また再発しますが、悪化させるとニキビシミになって余計大変だし、精神的にも悪い。

 

なので、できちゃったニキビは皮膚科で取ってもらって、その後はサプリでニキビのできにくい体質にする!のがベターかと。

 

(余談ですが、私の経験上、皮膚科は女医さんのほうが親身になってくれると思います。お医者様によりますけど…)